介護ソフト導入をする前に知っておきたい種類

介護事業所で行われる様々な作業の効率化ができるものとして介護ソフトがあります。
介護ソフトには、大きく、パッケージ型とASP型と呼ばれる2つの種類があり、導入をする場合には、それぞれどのような特徴があるのか把握をしておくことが大切になります。まずパッケージ型は既に完成されているシステムを購入するタイプになります。

導入に関しては一般的に店頭販売されている製品と同じ形態となり、システム提供会社からソフトを購入しパソコンにインストールをして使用します。



パッケージ型の大きなメリットに情報漏洩リスクが極めて少ない点があり、事業所に合わせてカスタマイズがしやすい面があります。

一方難点としては初期費用が大きくなること、法改正への迅速な対応ができないこと、国保連請求業務をする場合にISDN回線、もしくは請求ソフトの導入が必要になることがあります。

また、データ保存面で常にバックアップをしておくことが求めらます。



ASP型はインターネットを活用したシステムです。
ASP型が持つメリットは、インターネット環境があれば自由に利用できる点があり、製品内容によって異なるもの非常に低価格で導入をすることができます。法改正に関しても提供会社が対応するために迅速に業務に反映することができ、国保連請求にもそのまま利用できます。

ASP型では、データは提供会社のサービスもしくはクラウド上に保管が行われますが、事業所には情報漏洩を避けるために徹底した管理が要求されます。
システムのカスタマイズが難しいこともあり、導入をする場合には事業所に合ったシステムを選ぶことが重要になります。