介護ソフトを導入で押さえたいポイント

介護ソフトは、現在、事業所が行うサービスに合ったシステムが提供されています。



介護ソフトはパッケージ型、インターネットを使用するASP型を合わせ多くの商品が販売されており、導入をする場合にはポイントを押さえて行うことが大切になります。
導入において押さえておきたいポイントには、大きく、システムが持つ機能、操作性、費用、サポート体制、システム提供会社の撤退リスクを上げることができます。



まず、機能に関しては事業所に必要であるもの、また、将来的に必要となるものが備えられているかにポイントを置く必要があります。

注意点としては最初からオーバースペックのシステムを導入してしまうことがあり、その分費用もかかることになります。

操作性に関しては介護ソフトでは重要な要素になります。
システムは多くの職員が使用するために、ここでは、誰もが簡単に操作できるものを選択する必要があります。
また、導入前に実際に体験をして確認をすることも大切な工程の1つになります。

費用は、パッケージ型、ASP型で大きく異なります。



それぞれにメリット・デメリットがあるために一概にどちらが良いは言えないものの、単純に金額だけで比較した場合にはASP型の方が安く導入をすることができます。

一方、同じタイプでも料金は異なり、選ぶ際には設けられている機能内容、サポート内容によって判断をすることがポイントになります。


サポートは、特に初めて導入をする場合には大切な要素になります。初めての場合には慣れないこともあり、サポートの有無が作業をする際に大きく影響します。
注意が必要なのはメールをメインとしてサポートを掲げている提供会社があり、この場合、迅速は対応はできないために、必ず電話でもサポートが受けれる介護ソフトを選ぶ必要があります。